Pocket

レプトンに講師のアニー先生。
2才の息子さん、ご主人と一緒に、畑を作っておられます。
五月の中旬に、何の苗を植えたのか聞きました。
「eggplant,azuki,radish,tomato,kyuuri…」
キュウリ? 日本語が出てきました。
「cucumber?」
「kyuuri(笑)」
今年の2月に来日したアニー先生、お家の壁にあいうえお表を貼って、練習ドリルをして、周りの人に日本語を教えてもらって、それを聞いて真似して話して―読んで、書いて、聞いて、話して。
レプトンの4技能をバランス良く習得する方法と同じように日本語を勉強しておられます。
前向きで明るくて、努力家のアニー先生、とても素敵な方です。
「でもね、息子の方が、もう沢山日本語を覚えているの」
小さいうちは、真似をするのが上手なので、言語の習得も早いのでしょうか。
野菜の苗の成長と収穫、楽しみですね。