Pocket

6歳の息子が、今磁石に興味があるようで、以前もらった「磁石セット」で毎日遊んでいます。
アニー先生のご主人は、物理学者。
息子が置いていた磁石を見ると、手に取り、早速子どものように遊んでおられました。
私は、子どものころ理科が好きではなく、磁石にもあまり興味がなかったし、実験も嫌いでした。
それを、アニー先生のご主人、ホルガ―さんに話すと・・・。
「本当に!?」
と、信じられない様子。
目の前で、2つの磁石のN極とN極をくっつけて、反発させてみせてくれて、
「とてもファンタスティックだ。砂鉄は知ってる?あの模様も、とても美しいよ」
磁石の世界に本当に惚れておられるのだなと思いました。
小さい頃、こんな先生の授業を受けてみたかったな。
こんなに惚れ惚れと話をする先生がいたら、引き込まれずにはいられない!
息子と一緒に、磁石を勉強してみたくなりました。
ホルガ―さん、またぜひレプトンで磁石の授業をしてくださいね。